溜まり続ける好きなもの

台湾旅行とお菓子と藤井フミヤさんが好きです。

【台湾旅行】9月に美味しいフルーツは10月にも間に合いました。

 台湾で9月に大量に店頭に並ぶフルーツといえば『文旦』です。

 

 

こちらは昨年9月に市場で売られていた文旦です。

 

f:id:kiyo-q:20191013170028j:plain

 

 

中身はこんな感じ。

 

f:id:kiyo-q:20191013170100j:plain

 

 

身がしっかりしていて、酸っぱさが無くて、甘くて美味しかったです。

 

 

 

今回はもう10月に入っていたので、文旦は一応売られていましたが、超縮小されていました。

 

 

 

よくよく見てみると、

『紅文旦柚』と書かれていました。

 

f:id:kiyo-q:20191013170146j:plain

 

 

中の身が赤いようです。

 

 

1個買ってみました。

 

f:id:kiyo-q:20191013170230j:plain

 

 

皮を剥くと、もう赤いですね。

 

f:id:kiyo-q:20191013170303j:plain

 

 

明太子盛り合わせのようですが。

 

f:id:kiyo-q:20191013170340j:plain

 

 

昨年食べた時のもの程の甘さではなかったですが、美味しくいただきました。

 

 

10月も食べられるんだ〜♪

 

 

 

10月に入ると、そろそろマンゴーが終わる頃なので、どういうフルーツが食べられるのかなぁ?と思っていました。

 

 

市場のフルーツを物色していると、

見たことの無い形のブドウを発見!

 

 

こちらです。

 

f:id:kiyo-q:20191013170412j:plain

 

 

なにこの細長い房?

 

 

試食をもらって食べてみると、

皮が薄皮で、皮付近の酸っぱさは無く、種も無くて、甘いです!!!

 

f:id:kiyo-q:20191013170448j:plain

 

 

皮ごと美味しいなんて!!

 

 

1斤(600g)=180元とのこと。

 

 

房が少なめのものを購入しました。

110元でした。385円くらい。

それでもたくさんの房が付いています。

 

f:id:kiyo-q:20191013170533j:plain

 

 

とりあえず冷蔵庫で冷やそ♪

 

 

台湾産ではなくアメリカ産と言われましたが、日本でも見たことがないので、食べておかないと!!

 

 

また、別のお店では

小ぶりの赤い洋梨を買っているお姉さんがいました。

 

 

お皿に6個盛られて100元です。(350円くらい)

 

f:id:kiyo-q:20191013170615j:plain

 

 

赤い洋梨は初めて見たような。

そして小さくてかわいい。

 

 

洋梨って柔らかくなるまで待って食べるイメージでしたが。

 

 

ちょっと触ってみても食べ頃なのか分かりません。

 

 

お店のおばちゃんに

「今日食べれる?」と聞くと

 

 

おばちゃんが

「今日美味しい!」と。

 

 

本当?と思いましたが

見たことないし試しに買ってみることに。

 

 

6個は多いので半分にしてもらいました。

 

f:id:kiyo-q:20191013170649j:plain

 

 

3個=50元(175円)安ッ!

 

 

ホテルに戻って、よく見ると

USA  RED PEAR のシールが。

 

 

こちらも冷蔵庫で冷やしておきました。

 

 

冷えた頃に切ってみると

柔らかくて皮がするっと剥けました。

 

f:id:kiyo-q:20191013170722j:plain

 

 

甘くて柔らかくて超食べ頃で美味しい。

大満足です。

 

 

おばちゃんウソ言って無かった!!

 

 

台湾の南国フルーツではありませんでしたが

美味しくいただきました。

 

 

朝市や、町のフルーツ屋さんは見てるだけでも楽しいので毎日行きましょう。

 

 

そしてお客さんが何を買って行くのかを見ていると、今の旬のものが分かりますね。

 

 

『今天可以吃嗎?』(今日食べれる?)

数日間しかいないので追熟を待つ時間はありません。

 

ここ大事!!

 

 

旬なもの、珍しいものなど、美味しいフルーツに出会えますように。

 

 

全て美味しく食べ切って帰りましょう。