溜まり続ける好きなもの

台湾旅行とお菓子と藤井フミヤさんが好きです。

【台湾旅行】似姿絵を描いてもらいました

今年1月に台南の安平地区へ行った時に

 

 

イラストレーターの

ヤマサキタツヤさんの絵を見に行きました。

 

『佇這生活×山崎達也』

 

 

左奥にあるような風景画が飾られていました。

 

f:id:kiyo-q:20191019144941j:plain

 

 

ひとコママンガみたいなものも。

 

f:id:kiyo-q:20191019145009j:plain

 

 

ヤマサキさんご本人もおられました。

 

 

わたしはヤマサキタツヤさんの本

『オモロイ台南』を読んでいたので

 

 

わー!!ホンモノー!!!

 

 

な感じでしたが気さくにお話ししていただきまして。

 

 

こちらでは『似姿絵』を描いていただきました。

 

 

似姿絵を描いてもらうまでの流れは

言葉が通じない時用に『絵』で説明しています。

 

f:id:kiyo-q:20191019200834j:plain

 

 

何かを伝える道具に言葉、文字、ジェスチャーの他に『絵』が。

わたしの中には存在してなかった。

 

 

絵が描けるって凄い!!

 

 

わたしは授業中ノートの端に絵を描いたりしてこなかったので絵が描けません。それだけが原因ではないけれど。

 

 

残念だわー。

 

 

風景画は見たままを描くと思いますが、

ひとコマの絵はどうやってその場面を切り取るの??

 

 

脳内で思い出して描くのですよね?

 

 

『どこがどーなってひとコマの絵になってんの????』ということをいつも思います。

 

 

似姿絵はスマホで写真を撮って、それを見ながら描いていきます。

 

 

描き始めからビックリ。

 

f:id:kiyo-q:20191019145050j:plain

 

 

ベタからですか!ソコから描くの?

 

 

輪郭からでは無いの?描けない人の発想

 

 

輪郭って描かなくてもいいんだー。

と、絵心の無いワタシが気がつきました今?

 

 

絵具+色鉛筆なのですね。

 

f:id:kiyo-q:20191019145127j:plain

 

 

撮影はOKいただいています。

 

 

途中、台湾人のスタッフさんに、

台湾の「カステラ」を買う時、

普通に1個(1箱)買うと量が多い時のこと。

 

 

『少し』だけ買いたいときは何と言えば良いかを聞いてみました。

 

 

f:id:kiyo-q:20191019145202j:plain

 

これを少し(1/3くらい)買いたかったのですが、

通常サイズの半分くらいの量になったので。半分強だったかも。

 

 

結局『小的』なのかなぁ。

 

 

この時もヤマサキさんは絵で説明されていました。わたしは絵が描けないから無理ー!

 

 

ちなみに後で撮った写真を眺めていたら

14までサイズがありました。

 

f:id:kiyo-q:20191019145239j:plain

 

4番で!!

 

 

お店屋さんは端から端までキョロキョロ見ないとダメですね。

 

 

カステラは美味しかったです。

 

 

 

 

ヤマサキさんのタッチで無事出来上がりました。

 

f:id:kiyo-q:20191019145322j:plain

 

お喋りしながら7分くらいだと思います。

 

 

ブログとインスタのアイコンに使わせてもらっています。

ありがとうございました。

 

 

こちら描いてもらっている様子です。

 


台湾 台南で似姿絵を描いてもらいました

 

 

ヤマサキさんの本はこちら

台南ガイドブックがオールイラストで描かれています。